奥様は商社ウーマン

商社ウーマンの奥様の都合でハンガリーに移住したあと、グローバルITエンジニアの旦那の仕事でドイツに移住した夫婦の日記。現在は年子の男の子二人を育児しつつ、日本で働いています。

2016年03月


こんにちは、奥様です。


なんといきなり、ドイツに移住することになりました。

人生、何があるか分かりませんねー。(*・ω・)ノ


人生初挑戦の子育てを知り合いゼロのベルリンですることになります。 

エキサイティングだぜぃ!


旦那さんには会社を辞めて私のハンガリーでの仕事に着いてきてもらったし、

今回は私の育休のおかげで旦那さんの希望を最優先できるな〜

ということで 私の中での決断の大きなポイントでした。 

(ちょっと状況の咀嚼に時間は必要やったけどね)  


この選択を徐々に回りの人に伝えていった時に


「えぇーーーーーーっ!!」

「ようやるゎ〜〜〜」

「なんか、軽いな」


といったさまざまなコメントもあったし


「えぇやん!二人らしいやん!」

というコメントもありました。


せやな、うちら夫婦らしいな、と私も思います。

(このブログをさかのぼって読んで頂けたらそれがつかめると思います)


不安はないわけではないけど、

初挑戦のことはいつだってどこでだってドキドキするもんやし、

人生は挑戦してなんぼやし。


あと、勤めている人だったら分かると思うけど、この「2年」(予定)

というのもなかなか勇気のいる期間です。

通常、うちの会社では(そしてたぶん多くの他の会社でも)

制度として2年の育休を取れるものの、産んでから1年以内に戻る人が

ほとんど。理由は、「仕事の感覚を取り戻すのに時間がかかるから」

あまりに長く休むといろんな支障が出る、らしい。

もちろん、あとは保育園問題もあるんだけど。


あまりにも漠然としている、この「感覚」というやつ。

育休中に何をどうやって失うの?

全然イメージが沸きませんが、ただただ、何か恐ろしいこのかんじ。


最近出会った文章にこんなのがあります。


「ただやすむ」ということに勇気や決断まで要るのが現代。


★ほぼ日刊イトイ新聞の中の糸井重里さんの言葉


なんとなんと的確な言葉。


おばけみたいな「漠然とした不安」はこの際無視をすることにして、

保育園問題も出たとこ勝負で今は考えないことにして、


”決断”して、今回の転換も人生の意外なプレゼントということで 

受け取らせて頂こうと考えました。


そして、自分なりの計画もいろいろあるんだけど、それは追々。 


今のところお子さんのいるいろんな友達に、

いかに子育てが 大変なものかということで脅され…伝授してもらっています。

正直、ドイツに住むことよりそっちの方が百倍ぐらいこわいっす。


へへへへ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ


あとは、仕事の引継…ほぼこれからです。

まだまだ中南米のお客さんたちとたわむれてます。


へへへへ( ´∀`)つ( ´∀`)つ( ´∀`)つ


このブログも子育て色がじわぁ〜っと染み出していくかと思いますが、

私たち夫婦の性格からしても、きっと探求を続けていくと思うので、 

ちょいちょいレポートしていきますね〜


さて、旦那さんも書いてくれた通り、

私はまだ東京で働いておりまして、

それから梅雨まっだなかに実家のある関西で出産をしまして(ドキドキ)、

しばし回復につとめまして、秋はじめぐらいにドイツに旅立つ予定です。

えぇ、赤ちゃんの早期お空デビューです

その模様もきっとお伝えできるでしょ〜


旦那さんと離れ離れのそれぞれライフですが、

とりあえずはそれぞれに頑張っとります! 


妊婦なんで、あんまり活動できないかと思われますが、

とってもラッキーなことに私は元気度高め妊婦らしく、

今は子供が産まれたらできなさそうなことをいろいろやってます。


妹と沖縄旅行とかね。沖縄最高っした!

DSC01425

DSC01466DSC01401






























そんなこんなで、このブログも(たぶんきっと!)更新頻度があがると思うので

今後ともどうぞ宜しくお願いします


旦那です!!お久しぶりです!

すみません、またしてもブログの更新が止まってしまっておりました!!
というのも、タイトル見ていただけたら想像がつくかと思いますが、ここ3、4か月ほどかなり忙しくしておりましてブログどころじゃありませんでした。
ドバイ編途中になってますが、一旦中断して続きはまた今度機会があれば書きます。



えー、タイトルの通り、今月からまた日本を飛び出て、今度はドイツはベルリンに移住して来ました。
こちらについてちょうど2週間経ち、仕事も始まってから1週間ちょい、
生活も落ち着いてきたし、ちょうど今週末ドイツは4連休なので、久々にブログを更新する時間が取れました。
いろいろと何がそんなに更新できんぐらい忙しかったんか、そんな経緯などなど書いていきたいと思います。




■最初は日本で転職活動してたんやで!
ハンガリーから日本に帰って来て就職したのですが、ちょっといろいろあり昨年の10月ぐらいから転職活動を始めていました。
ずっとこのブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、僕はITエンジニアで、
その線でまずは日本で転職先を探していたのですが、なかなかしっくりくる転職先が見つからず悩んでいました。
というのも、日本では
‐ グローバルな環境で
‐ ITエンジニアで
- ワークライフバランスが守れる
という僕の志向に合致する企業が、本当に数社しか見つからなかったからです。
まず、グローバルとIT(特にちゃんと自分でコーディングをするような)領域が重なるところが非常に少なく、
次にITとワークライフバランスが重なる領域も非常に少ないと、
そしてその数社がそもそも今求人を出してて、その求人の領域と僕の経験領域が重ならなアカンと、
このベン図の重ならなさがやばいと気付きました。

忘れてる人のためにベン図
svg






最初に日本で新卒で就職したときはワークライフバランスどころか月に200時間ぐらい残業するぐらい働いていたのですが、
ハンガリーでワークライフバランスとはなんたるかというものを学習してしまい、その後ワークライフバランスのない企業に行く気は本当に無くなってしまっていました。
もうそろそろ30ですし、長時間労働は厳しいものがあります。

そんな中ある企業の面接を受けました。
1次面接の感触も双方良く、いきなり最終面接にいくことになりました。
というのもその企業はかなりの大企業なのですが、アメリカ支社と連携している案件があり、
海外志向のあり、英語のできるエンジニアがほしいと言っていて、僕は「それおれやん」ということでアピールし、「正直受かったなこれは」と、そうタカをくくっていたところ、普通に落とされました。
そしてその理由がまさかの「グローバル志向が強すぎる」というものでした。


いや、そっちがグローバル人材探しとったんちゃうんかーぃ!


でもね、こう言われたのはこの企業だけじゃなかったんです。
他の企業でも僕の経歴を見るなり、「えぇ、こんな海外でやってた人に合うようなポジションないなー」とか
これは僕ではありませんが、「社会人経験5年目でも、日本では2年でしょ?」とか、日本の経験しかカウントしないから君は経験が足りない的に落とされた人もいます。

そんなこんなでこの連絡を受けたとき僕の中で何かが切れました。あかんなこの国はと。
えぇとこはメシがうまいところぐらいやなと。


■奥様が妊娠!
実は、転職活動が始まった頃、奥様の妊娠が判明しました!
予定日がだいたい6月終わり頃だとわかり、
お互いの仕事や子どもが生まれてからの住むところ、日本死ねで話題の保育園問題などなどを考えているときに僕はひらめきました、

「あれ、奥様の育休中海外いけるやん」、と。

奥様の勤めている会社では2年間育休を取ることができるので、
上記の会社を落とされたときに何かがブチっと来ていた僕は奥様に相談し、
その間子どもを育てがてら海外に付いて来てくれへんかとお願いしたところ、まぁほんなら私現地で育休中に大学院行くわというポジテブ発言が飛び出し、海外を視野に入れた転職活動を始めることになりました。

正確にいうと、ブチっと切れた瞬間にはもう海外に視野を広げて転職先を探していました。
英語で仕事ができるところで、ITのできるところを軸に探したのですが、
英語圏だとネイティブとはどうしてもしゃべりで負けてしまうので、非英語圏で、
そんな感じで探したときに、ベルリンが今ITで激熱、いやもう大激熱であると、そういう情報をキャッチしました。
なんと年間で200以上もスタートアップが立ち上がるそうで、
そのほとんどがヨーロッパや中東、アフリカなどからエンジニアを集めて公用語が英語でやってると、誰が呼んだかヨーロッパのシリコンバレーと呼ばれとると、そんな情報でした。
そんな情報をキャッチした僕は「これやな」と10回ぐらい思い、
すかさずドイツの転職サイトをググり、企業を20社ほど探しだし履歴書を送りつけました。
これが切れた日の夜です。
まぁそんな簡単に受からんやろとそう思っていたので、奥さんにちゃんと相談するより行動に移してました。


■なんか受かった!

これがちょうど12月初旬ぐらいの頃でした。
その後、ドイツはクリスマス休暇に入り、年が明けてから真剣に面接に入り、
毎晩のようにスカイプで面接をしたところ、
2社ほど良い返事をいただけ、その中から1社、今の会社を選びました。
これがだいたい1月終わりぐらいでした。

その後、会社に辞意を伝え、ビザなどを整え、ついに先々週ベルリンに移住してきました。
ビザもそうですが、おうち探しとか、こちら来てからの手続きとか、苦労することはかなりありましたのでまたのちのち書こうと思ってます。

僕は先に来てしまいましたが、奥様は育休に入るまでは日本で働いているので、今は遠距離になっています。
身重の奥様を置いて大変な時期に海外に出ることは正直かなり申し訳なく思っていますが、
うちの奥様の器量は海よりもデカかったです。感謝してます。

出産は日本で行う予定なので、
それに合わせて一旦帰国しようと思ってます。






さて、ここんとこの経緯はこんな感じです!
奥様の方からも奥様の視点から見た今回の移住や妊娠の話がそのうちあるかと思います。





じゃあ、せっかくなのでベルリンのお話でも何個か書いていきましょかね、と思いましたが、
今日まで忙し過ぎてまだ全く一切何も観光的なことしてませんでした!
あ、でもベルリンは一回来たことあるんですよ。そのときのブログの見てください。

旦那編2の最後で「またねベルリン」言うてましたが、まさかガチでガッツリ戻って来ることになるとはな!
これからはまた更新頻度を夫婦で(たぶん)週1ぐらいに戻してドイツのことまた書いて行きますので、よろしくお願いします!
あと、トップ画像を変えなあかんということで昨日必死で手書きでヨーロッパの地図描いて、描けたんがうれしかったので、まだ奥様育休中ちゃいますがもう更新してまいました。


でわでわまたまた。




 

このページのトップヘ