奥様は商社ウーマン

商社ウーマンの奥様の都合でハンガリーに移住したあと、グローバルITエンジニアの旦那の仕事でドイツに移住した夫婦の日記。現在は年子の男の子二人を育児しつつ、日本で働いています。

2019年01月

はい、予告をしていた通り、海外出張チャレンジの中編でございます。

家庭運営の話は今回するとして、
ちょっと毛色の違う私の出張先の話は締めの後半で書こうかなと思ってますー
(一回を短めにした方が…か、か、書き切れるカモ)

結論からいうと出張は無事に乗り越えることができました。
誰も死んでません。(←ベーシック)
IMG_2361


























今回、私は日曜の深夜に出て金曜の深夜に帰ってくるという
ギリギリ平日内にすべてを収める強行スケジュール

5日で3か国を回ったので
お客さんとミーティング⇒市場視察⇒会食⇒次の朝飛行機で移動
という走り続けるタイプの出張

一方、家では
月曜&木曜に家事代行さんが予定通り来てくれて野菜をふんだんに使った料理を
ぶわーっと作って子供もしっかり食べてくれてたり、

火曜は私の妹が遊びにきてくれて、子供の世話を手伝ってくれたり(大感謝!)

ここまでは完全にプラン通り



子供というものはこんな完璧なスケジュールフローに収まるものではないですよねー
(TДT)

出張に出る前の数日間子供が発熱していたのは以前に書いた通りですが、
この風邪は治るどころかむしろ悪化していき、

ついに長男は熱が40度 次男も38度代

しかも単独で乗り切る予定の水曜日~(((( ;゚д゚)))

厄介なことに昼間は平熱で、夕方から早朝までの間にぐんぐんあがっていくんですよねー。
↑家族以外ほぼ何のサポート系サービスもない時間帯。

ワンオペでこれは辛い。あー、大変辛い。
(世の中の奥様たちの賛同の声がきこえてきそうです。)

40度近くになった長男が泣く(←普段、夜をスルーで寝てくれる優良スリーパー)
長男の泣き声で目覚めた次男も泣く(←まだまだ夜泣きを辞めれない不安定スリーパー)

起こし合いで続く無限の泣き声ループ…

というご連絡をメールでみるしかできない私@オマーン

これはこれで何もできない故に精神的になかなか辛いものがございます。

実は、出張に行く前はもっと精神的にさくっとさらっと行けると思っていたのですが、

そんなことはなく…。

思っていた以上に子供のことが気になって気になって。

母になって2年7か月ほどなのですが、
母ってこういうことなのね…とまたもや発見のあることでございました。

で、結局このループ地獄の中でどうしたかというと、

旦那さんの母を頼ることに致しました。

急遽、神戸から飛んできて下さったお義母さんのおかげで
我が家はなんとか平静を取り戻し
生き永らえることができました。。・゚・(ノД`)

母は偉大。自分がいくつになっても

颯爽と出張にいくのが今までの気持ちだったけど、
今は感謝感謝感謝の気持ちにつきます。

さて5日間を耐え抜いた旦那さんのレビューとしましては

やっぱり一大人がいるということが大事。
しんどくてもしゃべって発散ができるので。
(ここが孤独なワンオペの辛いところ)

あと、家事代行は役に立ったけど、やっぱりうちが必要としているのは
ベビーシッターだなと。

というのも、一番大変なのはやっぱりどんな家事よりも
子供の世話。

IMG_2363



















子育てをしたことがある人であればわかると思うのですが、
機械的にできないんですよ、子供の世話って。
淡々と掃除機をかけれても淡々と口に食べ物をつっこみ続けれない。

マニュアル化が激しくできないので
簡単に評価もできないのでアポイントもしづらい。
(普段仕事で使っている言葉に言い換えると)

ということで我が家は今後ベビーシッター探しの旅に乗り出します。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そして後日談ですが、今出張から帰ってきて5日ですが、

旦那さん38度代に発熱ナウ! (←弱っていたところに菌に付け込まれた)

長男も38度代に発熱ナウ! (←弱り続けている…

去年ドイツでもヤバイ風邪ループにハマっていたけど、今年もきてしまったか…。

ということで次回は病の話から離れて
中近東の話で出張チャレンジの回を締めくくりたいと思います。

おまけ
病といえば、2017年の10月に私&長男&次男で猩紅熱というものにかかりました。
(パツパツすぎて当時のブログが残されていない)

これは日本ではほとんどきかない病気ですが、
40度ぐらいの熱が出て、全身に紅い発疹がでて、
ここまではなんとなく水疱瘡っぽいので驚きはないですが、

問題は手と足=末端がしびれること。

うまく歩けず(ヨロヨロなら歩ける)
うまく物もつまめず(つまむぞと決めて集中して物をとる)

そして熱が下がり、発疹が去ると同時に

手と足の爪がはがれました…

あとで徐々に生え変わってきたけど。(←歯か)

そんないまさらながらの恐ろしすぎる病の報告でした。
猩紅熱の他も2週間に一回のペースでなんらかの発熱し無限ループ。

今もどこかで子供の病と闘っている父母に思いをはせつつ締めくくりたいと思います。

↑私は辛いときはよく不特定の父母も今頃同じ思いをしているんだろうなーと
思ってちょっとだけ元気をだしています。



予告しておりました

海外出張チャレンジ

誰が出張するんでしょうか ⇒ 奥様です。
誰のチャレンジでしょうか ⇒ 旦那さんです。

海外出張なんて日常茶飯事だったあの頃あの頃と違い、
子供がいると出張はハイレベルなチャレンジと化します…。

そもそもなんですが、普段、我が家は日々夫婦二人三脚で乗り切っております。

※最近このブログを読み始めた人のために
旦那さんの育児に関する考えはこちら

朝は奥様が晩御飯の下準備をしつつ朝ごはんを食べさせている間
(物理的に子供の口の中にパンやフルーツを入れていく作業)
旦那さんは洗濯物を畳みつつ子供の保育園の準備をする段取り。

夜は大人二人で子供二人にごはんを食べさせた後(惨状についてはここの写真参照)
片方が子供と遊んでいる間もう片方は後片付けをし、
またもや一方が子供とお風呂に入っている間、もう一方は散乱したおもちゃを片付け、
掃除機をかけ、余裕があれば保育園の連絡帳を書く。

完璧に連携で走り通しているので子供が寝てからはわずかな自由タイム( ゚∀゚)
一切家事をせず、テレビみるなりだらけるなり週後半はほぼ寝落ちてるんですが。



ワンオペの苦しみを知らないわけではございません(`・д・´)

今はマックスな年子地獄タイムを抜けだしたので二週間に1回ぐらい
それぞれ飲みにいったり、奥様は国内出張(日帰りや一泊程度)があったりするのですが、

まぁーラクチンなわけではないです。

全ての仕事を一人でやるので、
結局子供が寝てからや起きる前に家事や保育園の準備をしないといけないので
起きてから寝るまで自由時間も休む暇も一切なくひたすらに働き続けるかんじ。

心も身体も疲弊 (ずーーーーん)

でも世の中の日本のお母さんはこれをやっている人が多いんですよね。
そらもう仕事との両立とかいうより生き抜くサバイバル状態ですね。

ほんで、です。

この苦しいワンオペは1-2日であれば先が見えているので切り抜けれるのですが、
さて4-5日となると話は違うと。
※私は中近東担当なので一回の出張で3国ぐらい回るのですが、ものすごく切り詰めても
やっぱり平日5日ぐらいは必要。

旦那さんは出張の話が出てきたときから震えておりました。

さらにいえば、しばらくはその事実を直視できずにいたのですが、

リアルに近づいてきたため、対策を考えることにしたわけですが、

我が家の問題点は、果たして何を手伝ってもらえばいいのか問題。

人に手伝ってもらうのってけっこう難しい…。

ベルリンの時にヘビーユーズしていたベビーシッターさんみたいに
定期的に来てくれて子供も慣れてくれてて
家事も依頼したらちょちょっとやってくれるのが理想なんですが、

いかんせん、ベルリンは個人契約(ていうか口約束)
日本はきちんと企業がサービスを提供しているので
こういうサービスを受けようと思ったら前もっていろんな人をトライアルしてみて
定期契約などを結ばないといけないのです。
そもそも家事代行とベビーシッター自体がたいがい別物。
(※キッズラインはどちらも提供しているけど、それは始めたばかり)

あぁもっと早く事態を直視すればよかった…。

で、いろいろ考えたところ、子供が慣れていないと
ベビーシッターは来てくれてもあまり活用できないということで
(結局親のところにはりついてベビーシッターが役割を全うできない)

ここは家事代行に絞ろうということになりました。

つまるところ、育児+家事がダブルで来るからやられるんじゃないかと。

ということで月曜~金曜まで平日の5日間を奥様は不在にするのですが、
そのうち2日は家事代行さん(料理中心)を発注しまして、
1日は旦那さんは休暇をとり、
あとの2日はどうにか乗り切るということで。

家事代行を発注するほど?休みを取るほど?(゚Д゚≡゚д゚)

と育児エキスパートの人は思われるかもしれませんが、

それぐらい2歳半と1歳半の年子x男の子はヤバイのです。( p_q)
⇒機動力はハンパないのに言うことをきいてくれる人がいない…

家事代行は名門、タスカジさんにお願いしてみることにしました

因みにタスカジは家事のアウトソース先に困っていたワーキングマザーが
立ち上げたらしいです。タスカジのある世の中でよかったーーー(TДT)

とりあえずは家が近くで時間帯も来てくれる人を選んだのですが、
事前にプラットフォーム上のメールで希望の料理ややってほしいことを依頼し、
向こうからは買っておいてほしい材料の連絡をもらいます。
(ちなみに、お願いできるサービスに買い物も含まれています。)

うちの場合は幼児が食べれる大きさと味付けでお願いもします。

タスカジさんの場合は1枠3時間で料金が決まっているので
3時間の間に2日分の料理と後片付と洗濯物たたむのを頼んでいます。

その間旦那さんは子供に晩御飯を食べさせたりお風呂に入れたりする作戦でございます。
その間奥様は中近東のお客さんと商談をしたり商品の売られているところを
チェックしたりします。

そんな計画なんですが、果たして実際はどうなるのでしょーーーか

ということで後半編では海外出張チャレンジのレビューをしたいと思います。

我が家全員のサバイバル(*・ω・)ノ

因みに出張出発3日前の今日、子供が二人とも発熱しております。

(*゚▽゚*)

とりあえず、夫婦二人ともがいるタイミングでよかった…。
数日で治るといいなぁ…。

皆様またまたおっそいあけましておめでとうございます~

とっくに2019年ですね。

IMG_2173


























2019年は姫路の書写山にのぼりました。(ロープウェーで)
私はこの山のお寺も参道も小さい頃から大好きなのですが、
家族4人で初めて日本で迎える新年&お参りがここでよかったー

参道沿いの神様に大変興味を持つ次男↓
IMG_2209


























ベルリンでの新年はテロ活動かと思うほどの爆竹の嵐だったのですが、
私の中ではやっぱり新年といえば鐘の音とか参拝とか
ちょっとピリっと引き締まるかんじが正解のようです。
IMG_2212



























さて、去年の2018年はまさかの4記事…。

駆け抜けた一年でしたゎ。
節目だけ記事を書いたかんじですね。

状況としましては、

ドイツからの帰国~引っ越しとおうちのセットアップも大変でしたが、
普段の生活もゆったり平常運転…というわけでもありません。

というのも、

30代ってキャリアをつくっていく意味ですごく重要な局面ですよね。

今まで蓄積した知識があるのでそれをふまえてプレーはできるし、
でもやっぱり「次」に向けて飛躍もしたいので、
この30代でどんな経験を重ねていくかで次の40代や50代での
仕事の幅がある程度決まっていくんじゃないかなと思っています。

ないところには積み重ねれない

ということで今二人とも積み重ね強化期間でございます。

旦那さんは転職活動を経ての日本の先端ベンチャーで活動中。
先端なので日々新たに勉強することだらけだし(今度は旦那さんが夜にガリ勉しています。)
先駆者もほぼいないので自分で模索しながら進める…そんなかんじのようです。

私も会社に復帰して、以前にご紹介した通り中近東向けの海外営業をやっているのですが、
与えられた課題と仕事範囲に限らずプラスでいろいろと挑戦したいと思って
気もちはアグレッシブに、でも実状は時短勤務の中でやっとります。

イメージは疾走っていうよりは爆走で。

直近では初の海外出張に出ることを計画中
これを書いている一週間後なのですが…。(; ̄Д ̄)

これは私の挑戦なのか旦那さんの挑戦なのか、わからないところですね…。
またその模様をレポートしたい気持ちでいっぱいです。
※でも去年の記事の数をみると自信をもって書きますと言えない…。
IMG_2205



























夫婦ともに仕事で全力疾走ですが、もちろんいつだってこの人たちがいます。
IMG_1992 (1)




















自分がいくらキャリア上いろいろと面白くてフィーバーをしていても
この人たちには平常運転の安定した日常を提供していかないといけない。
鉄則です。

これが大変でした。

去年の私の目標心の余裕なのですが、

去年よりは確実にマシです!

まだまだ年子地獄ですが、小地獄ぐらいになってます

二人とも歩くので一緒に歩いて散歩もできるし、
こちらの言っていることも分かってくれるので
少なくとも長男はある程度お願いした通りの行動をしてくれるし、
ごはんも二人とも自分で食べてくれます。
※長男2歳半はだいぶんきれいに食べれるけど、食事に興味なし
次男は食べることに意欲的だけど、驚くダイナミックさ。

比較画像はこちら。
IMG_2145



























IMG_2146



























楽チンになったポイントはなんてたって普通のごはんを食べれるところ。
ミルクの用意も離乳食の用意もいらないヾ(=^▽^=)ノ
外でごはんを調達できる楽チンさ(′∀`)

でもまだ「外で食べれる」わけではありません。
一つのところにじっとすることが不可能な二人なので
すぐに走り去ってしまいます。
もしくは特有のダイナミックさでお店のインフラを汚していくとか。

これはもう年齢相応にじっとできることを待つのみです。
IMG_2149


























さて、最後は次の2019年の目標を

私はとりあえず今目の前の仕事も育児も
真摯に向き合う。そしてここぞという時をしっかりと取りこぼさずに。

なんとも「攻め」に欠けるかんじがしますが、
「質」をしっかり維持しながら仕事と育児をバランスするのはまぁ大変。
どちらもさらっとやろうと思えばいくらでも「こなし」でできるのですが、
深めようと思えばいっくらでも深めれる。

仕事と育児をバランスさせようと思ったらどっちも「ほどほどに」
というのは本当によくきくアドバイスです。

確かに追い詰められてきたと感じた時はこの考え方が良いと思うのですが、
欲を言えばやっぱりどっちも自分の納得できるレベルでやりたいですよね。

仕事で自分のパフォーマンスに満足できなかったり
自分の育児に反省したり落ち込んだり。

私もそんな日が多々あるのですが、
自分のやっていることの「質」に満足できる日が今年は増えますように

IMG_2216

このページのトップヘ